サラリーマンと起業の狭間で

独立宣言!カイロプラクティックで起て―格差社会で独立・開業し成功するためのサバイバル・ブック

独立宣言!カイロプラクティックで起て―格差社会で独立・開業し成功するためのサバイバル・ブック

  • 作者: 大川 泰
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 単行本

カイロプラクティックで誰もが成功できる理由(わけ)―感謝されて、楽しく豊かになれる「独立ビジネス」

カイロプラクティックで誰もが成功できる理由(わけ)―感謝されて、楽しく豊かになれる「独立ビジネス」

  • 作者: 大川 泰
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2007/07/13
  • メディア: 新書

「起業と自立」というテーマで図書館を散策していたときに見つけた本。
1冊目が起業の意義、2冊目が医学とカイロプラクティックの関係という、共に考えさせられる内容だった。

会社勤めの悲哀について、著者は自身の経験を含め強く主張する。
失業者問題の原因は不景気にあるのではなく根本的に資本主義という競争社会にあると説明し、好むと好まざるとにかかわらず、将来的にアメリカ型の資本主義が幅を利かしていくと説く著者の理論展開には納得せざるを得ない。
ここで起業の成功率は1500分の1という厳しい現実があるものの、そこにはある種の鉄則があると強調する。
これは非常に重要かつ明確なポイントと理解した。

1)スモールであること(資産)
2)敗者復活しやすいこと(経費)
3)利益率が高いこと(利益)
4)大手が参入できないこと(競争力)
5)下請けでないこと(自前力)
6)ベビーブーマーをターゲットとしていること(市場力)

ベビーブーマー以後の社会については多少疑問が残るものの、現時点では確かに明確なビジネスポリシーがそこには構築されている。

2冊目では主に現代医学の問題点と時代の潮流に乗るカイロプラクティックの特徴が描かれる。
しかも第2世代の最新理論をベースとする大川学院の教育理念には一寸の隙も見られない。
別に宣伝マンでもないが、勉学と経営の調和を重視する姿勢には見習うべきものが多い。

自分自身はカイロプラクティック自体に興味をそそられるということはないが、過去にサラリーマンを経験した著者の経歴には強く共感を覚えた次第である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です