メディア 恋愛 出版 結婚相手 結婚 出会い メーカー イベント マッチング 限定」タグアーカイブ

「恋愛」と「合コン」の末路 - 究極の結婚観とは?

Pocket

普通のダンナがなぜ見つからない?

普通のダンナがなぜ見つからない?

  • 作者: 西口 敦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/05
  • メディア: 単行本
 
自由恋愛がもてはやされる現代社会で男女が呻吟している。
「結婚相手が見つからない」と嘆いているのだ。
同書はその現実と事実を克明に伝えている。
 
現代社会の男女の期待は年を重ねる毎にことごとく裏切られていく。
①20代前半、10代で夢見た「恋愛」が夢のお話しであることに気付く。
②20代後半、 「合コン」でも出会いの機会が限定的であることに気付く。
③30代前半、いわゆる「普通の生活」を提供してくれる異性がなかなかみつからない。
そして30代後半から40代へ、既に異性を探す手段さえみつからなくなる。 
 
なぜそうなるのか?ここで問題点を指摘してみよう。
①「恋愛の神様」がいないと難しい 
②自分の素性を知る人がいないと難しい
③結婚の真の価値が見えないと難しい
 
実は結婚を達成するために必要な本来の手順は③→②→①と全く逆であるはずなのだが、多くの男女がこれに気付かず、しかも①②③の各段階で正しい視点が欠落しているため困難はさらに増幅する。
 
つまり結婚の本来の姿とは以下のようなものとなる。
③' 結婚の真の価値が分かれば相手の外的要件は中心的な問題とはならない
②' 自分の素性を知っている人に的確な伴侶の選択を委ねることでマッチング機会が広がる
①' 男女の間に天が介在するようになって初めてその「出会い」に究極の価値が付与される 
 
天はこのような恵みをすべての人々に等しく提供するため、時代の「しるし」を示して下さった。 
それがつまり統一運動による「祝福結婚」という史上最大のイベントだ。
世界の人々の間にそのような認識が広がる日もそう遠くはないとの理解を深めてくれた「恵みの書」であった。