「誠意」としての「祈り」

アメリカ人よ、なぜ鶴を折る:日経ビジネスオンライン

 募金ができない子どもたちはまだしも、私は鶴を折る理由が分からなかった。被災地に必要なのは鶴ではなくて、義援金や食料、衣服などではないか。

 実際に、私が友人にプリンストン大学の折り鶴プロジェクトを話すと、多くの人が「必要なのは鶴じゃないのにね」と反応した。

 折り鶴を日本に送ろうとした友人が、アメリカにある日本の政府機関や国際交流の団体に問い合わせると、「折り鶴を受け取るのは難しい。日本に送ることができる保証はできないし、かといって頂いた鶴を捨てることもできない」といった消極的な反応が多かったという。

 折り鶴を送ること以外に、やらなければならない仕事が山積しているのだろう。かさばる折り鶴を運ぶのは、物流網が完全に復旧していない状況では容易ではない。

 私はプリンストン大学の学生たちに、「折り鶴はかさばるし、被災者に必要なのはお金や食べ物じゃないのかな」とさりげなく助言し続けた。

 それでも、彼らはひるまなかった。鶴を折るという行為に確固たる意思と自信が満ちているように見えた。

 プリンストン大学で100万羽の折り鶴を集めようと動き出した柴田明日美さんはこう打ち明けてくれた。

 「募金だけでは、何か寂しい気がしたんです」

 地震が起きたとき、アメリカは深夜の午前1時46分。柴田さんは大学の宿題に追われていたが、友人の知らせでテレビをつけた。そして、息を呑んだ。

 「私の大好きな国が…。まさか、冗談でしょ」

 柴田さんはアメリカで育ち、日本にいけば、「自分はアメリカ人だな」と思わざるを得ないこともあるという。それでも彼女は思った。「やっぱり日本が好きだから、何かしないと落ち着けなかったんです」

 アメリカは募金活動が盛んな国だ。学校の食堂やパブリックスペースでは、いつも募金活動が行われている。柴田さんも最初は募金活動が頭に浮かんだ。

 しかし、彼女の心はどこか満足できなかった。

 「募金活動もしよう。でも、それだけではなく、自分も汗をかきたい」

 彼女が思い出したのが千羽鶴だった。1年前、大学の日本語教師だった母親が体を崩した時、中国人の学生が2日間で100羽の鶴を折って持ってきてくれたことがある。

 「母のために時間をかけて祈ってくれた。同じことを被災者の方にしたいんです」

 鶴を折りにやって来たプリンストン大学のクイントン・ベック君は、「小学校の時に友達が白血病になってしまって、みんなで千羽鶴を折ったんだ」と教えてくれた。

 折り鶴は、あっという間に入手できる花束でもなく、財布から取り出すだけのお金とも違う。時間をかけて作り上げるから、それだけ贈った人の気持ちが伝えられると信じている。

 東日本大震災がハイチ地震と違うのは、企画立案者の多くが日本に住んだことがあるか、日本のことを気にかけている人であること。ただ「困っている人にお金を送ろう」という心境とはどこか違う。友達が重い病気をして、そのお見舞いをする感覚に近いのかもしれない。であれば、お見舞いにお金だけ渡す人はいない。お金以上に精神的なメッセージを伝えたい、あるいは日本のために自分も汗をかきたいという気持ちがあるのではないか。


実は日本人には自分たちが気づかずに実践していることがある。

それは「祈り」。

千羽鶴もお百度参りも、全て根本は同じ。
それは「誠心誠意」。
一見何の意味もないことでも、これを心をこめて繰り返すことで多くの人々に影響を及ぼす力が生まれる。
無から有を生み出す実践活動なのだ。
これがキリスト教でいう「Prayer」の本質に通じることを大半の日本人は知らない。

だから我々はまず日々の生活でこの「祈り」を実践しよう。
それがお互いの心に「共感性」が広がっていく出発点となる。

「共感性」を忘れてはいないか?

月刊・日経ビジネスオンライン 震災で問われる「メディアの使命」

 東日大震災の津波の被害を受けた東北の沿岸部。その凄惨な状況はテレビや新聞、雑誌、オンラインで繰り返し報じられてきました。私も何度か被災地を取材しましたが、あることに気づきました。取材が難しい場所に、多くの海外メディアが入っているのです。震災直後もそうでした。被災地の海岸は、交通が寸断されていて、携帯電話もまったくつながりません。ところが、外国人記者たちがカメラを担いで、取材を続けているのです。

 その時、欧米で特派員を経験した先輩記者に聞かされた言葉が頭をよぎりました。

 「日本人記者は報道の最前線でほとんど命を落とすことがない。欧米の記者に比べて、その数が極端に少ない」

 もちろん、死亡者の数を競う必要などありません。できるだけリスクを抑えて取材すべきことは当然です。しかし、この傾向は、報道機関が「メディアの使命」をどう捉えているのか、日本と海外の格差を象徴しているように感じてなりません。

 今回の震災で、なぜ世界は日本のニュースが溢れ、援助や義援金が次々と届いたのか。一方、日本と日本人は、なぜ世界の災害に対して、機敏な援助ができない失態を繰り返すのか。それは、自戒の念も込めて言いますが、メディアにその主因があると思います。

 特に米国では、新聞の一面を日本のニュースが埋め続け、テレビも連日のようにトップニュースとして東日本大震災を扱いました。

 このことが、米国人の心に少なからぬ影響を与えています。4月のランキングで5位になった『アメリカ人よ、なぜ鶴を折る』は、全米で広がる折り鶴現象をリポートした記事です。米国人が義援金だけでなく、「心のつながり」を示したいと、あらゆる都市で人々が自然発生的に集まり、千羽鶴を折っているという内容です。こうした流れを後押ししているのは、被災地に乗り込んだリポーターたちが送り続けている映像と原稿に違いありません。

 それに比べて、我々日本人は、米国南部を襲ったハリケーンカトリーナ後の復興に、どれだけ支援ができたのでしょうか。堤防の決壊によって家を流され、ニューオリンズに戻れなくなった多くの黒人たちの心の支えになれたでしょうか。

 ほとんど何もできなかったのは、日本人の「無慈悲」にあるのではなく、メディアの怠慢にあると考えるのは間違っているでしょうか。


確かにメディアにも問題はあるだろう。
それでもやはり自問せざるを得ない。

我々日本人は日々の生活で「共感性」を忘れてはいないか?と。

確かに有事の際の行動では世界に驚嘆を与える内容を有している日本民族かもしれない。
しかし本来それは日常生活における人間関係で築かれるべきではないだろうか?
コミュニケーションの希薄化が叫ばれて久しい中、この震災を機に今一度自分たちの生活を振り返るべきだと自戒したい。

自分自身を見つめる時間をつくろう

メルトダウン寸前の日本経済――自分の将来をどう守るか| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

 だいたいどんな人でも年間700時間(つまり1日に2時間)の勉強を5年間続ければ、世界に通用する人材に必ずなれる。しかし残念ながら、こういう発想をする人はあまりにも少ない。

 ライフプランというと、我々は「いかに節約や貯蓄をして老後に備えるか」というところから思考を進めてしまう。しかし、それはライフプランの立て方としてはまずい。節約や貯蓄すること自体が目的化してしまい、精神的にすぐに疲弊してしまうからだ。

 大切なことは、最初に「自分はどのような人生を送りたいのか」を決定し、そこから「何を所有すべきで、何を所有すべきでないのか」「自分への投資はどの分野にどれだけ必要なのか」「そのお金はどのようにして確保するのか」と逆算して、メリハリのあるプランを作っていくことである。


我が意を得たり。

自分の経験上、1つの会社に5年間勤務すればその道のプロになれると理解していた。
会社勤務の場合、1日8時間拘束が基本。
しかし自分の目的をより明確にすれば、1日2時間でも可能だという話だろう。
(今勉強しているBATICでも「1日3時間が目標」と言われている)
1日2時間なら会社で仕事をしていても何とか捻出可能なので希望が見えてくる。

日本が世界でジリ貧を這いまわる今こそ、自分自身を見つめる時間をつくろう。
これから毎朝、祈りの中で新たな誓いを立てる。

日本の悲しい現実

一時帰宅の福島・川内村住民、政府の「自己責任」押しつけに激怒…震災から2か月:社会:スポーツ報知

国側が「(住民らは)自己責任で立ち入る」とする同意書への署名を求めたことに「責任を押しつける気か」と住民は強く反発。「国や東京電力は責任を取らない気か」「私たちは被害者なのに」と怒りの声を上げ、国側は「十分、注意してほしいとの趣旨だ」と釈明に追われた。


毎日こんな理不尽なニュースばかり。大前さんの意見で気を紛らわせるしかないのか・・・


政府の原発対応で国民の生活は高くつく| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

結局、これが役人のやり方なのである。「避難指示を出しても入ってくる住民がいる。万一のことがあっても政府は責任を取れないぞ」「そう言ってもだめなら、警戒区域に指定して強制退去させ、罰則も設けよう」というわけだ。

政府が警戒区域に指定するのなら、その根拠を住民に明らかにすべきだと思う。「××地区の放射線量は○○で、これは健康被害が懸念される数値だから、入ってはいけない」というように、だ。また生活を突然破壊された人々も、(生活者が第一!を標語にしている)政府に納得のいく説明を求めるべきだし、必要なら裁判を起こしたっていい。

軽微な放射線量の地域(さすがに原発周辺には近づくべきではない)にすら立ち入ることを許さないという強制的なやり方はあまりにも理不尽である。

無能な政府を持つと、国民の生活は非常に高くつく。政府は、私たちの懐の財布に手をかけたまま無為無策を重ねているのだ。また、現政権は夢遊病者のような行動と発言を繰り返している。